« 人が来ない | トップページ | キュウリを倒しました »

2011年7月14日 (木)

心配なこと

それは、ビール祭前に1回目の枝豆の収穫になってしまうこと。

きちんと日数を計算して播種してますが、天気の左右されるので狙い通り収穫出来るとは限らないので。

今年は定植して少しの間は遅れるのが心配でしたが、最近の天気と気温で一気に出来が早くなって、収穫が早くなり過ぎるのが心配です。

今の状態ならビール祭直前から収穫が始まるくらいだと思うのですが、今の天気と気温が続くとどうなるのか…

これからはこまめにチェックする様になるでしょう。

|

« 人が来ない | トップページ | キュウリを倒しました »

枝豆の話」カテゴリの記事

コメント

いま,福島県民は不安に押し潰されそうですshock。肉牛,ハウス椎茸の次は…!? “ふくしま”(郡山)は,拭ってもぬぐっても拭い切れない,強い不安に支配されている様です。そして,被災地の福島県産品を応援してくれた他県の皆さんなども,突然の事態に当惑していると思います。ボクも,県産黒毛(高額なので少しだけ)を食べたので,気持ちが重くなります。でも,ヱビスが除染になったかも知れませんね(すみません)。

ところで,行政は何をしていたのでしょう。一連の出来事は“認識ある過失”だったでしょうか。いや,“未必の故意”だ,と考えるのは過剰でしょうか…。一体,何を,何処で,如何なる目的で“測って”いるのでしょう。明確に,「示したい」意図は何でしょうか。何れにせよ,バイアスした「科学的根拠」などは,ちっとも実践の役に立たない,と判ったと思います(が…)。行政が,どんなに“安心,あんしんです”と云っても誰も信じない!?

いみじくも,リスク・コミュニケーションが如何に重要か,改めて思い知らされた。この先,精神面でのデフレスパイラルを危ぶみます。いまの閉塞感や不安状態が続けば,復興(経済)の前に“ふくしま”の社会が持ちません。早晩,「詰み」になって…,と本気で思いますよ。こんなこと,本当に悔しいです!!

おっと,ボクが興奮してもしょうがないのですが。
さて,復興/経済が回転していくには,アニマル・スピリッツ("Animal Spirits", Keynes,J.M.)が必要なのだと思います。思い出したのは,横井時敬(東京農大)「農学栄えて農業亡ぶ」のであり,「土に立つ者は倒れず,土に活きる者は飢えず,土を護る者は滅びず」でした。農業において国の模範的階級を
志す皆さんだから,是非,一般市民とのリスク・コミュニケーションをお願いしたいです。一緒に,新たな郡山ブランドを創っていきたいですね。

投稿: 3rdAg19 | 2011年7月17日 (日) 10時38分

シイタケは別ですが、牛肉は完全に認識の甘さの結果でしょう。
それは検査機関や市場だけではなく、農家の責任が大きいと思います。
だからと言って全てが駄目な訳ではなく、きちんとやってる人の方が多いので、そういう人のはきちんと検査して安全を証明して流通させることも大事です。

投稿: ヤギ8 | 2011年7月18日 (月) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512936/52207538

この記事へのトラックバック一覧です: 心配なこと:

« 人が来ない | トップページ | キュウリを倒しました »